びびりからのスタート

こんばんは。のんです。

 

先月、よーし社会福祉士を目指すぞ!と意気込んでから

1ヶ月ほどが経ちました。

 

目標が定まるとあとは行動するのみで、

この1ヶ月程で進めてきたことは

社会福祉士養成学校(通信)をリサーチして、入学までの計画作り

・職場のフレックス勤務制度を利用して定時を7:30〜16:00に変更

・マイノリティに関する映画を観て本を読む

・近くの福祉施設にボランティアとして通い始める

・就労支援業務をやりたいと上司に異動願いを出す

などなどなど。

 

特に職場の人達にはすごくわがままを言ってしまって

応援してもらって、本当にありがたいばかりです、、

 

目標が定まってから、それに向けて行動することがすごく楽しい。

新しい知識が入ってくるのもわくわくするし、

今後の自分がどうなっていくかもわくわくする。

やる気があるうちに色々進めていきたいなと思う笑

 

 

そんなわくわくする日々だけども、

この前初めてボランティア先の福祉施設を訪問した際、

正直びびってしまった。

 

現場のリアルを本当に少しだけのぞいただけなのに、

叫び声とか、においとか、利用者さん同士の喧嘩とか、

この現場で今後自分はやっていけるんだろうか

マイノリティを支えたいとか、困ってる人を助けたいとか、

口にするだけだったらいくらでも言えちゃうんだよな〜

 

どんな障がいがあるのかとか、どうやって接すると良いのかとか

全く分からない。

これまでほとんど知らなかった世界に飛び込もうとしているのだから

知らないのなんて当たり前なんだけど、

やっぱり不安だし、びびってしまったな〜

きれいごとだけじゃ進めないし、

日々勉強して、びびったところから少しずつ進んでいきたいと思う。

 

しかも、ボランティアを受け入れる側は

ただでさえ忙しい仕事なのに、大して仕事もできないボランティアに

色々説明するという仕事も増やしてしまう。

 

本当に沢山の人に迷惑かけながらで申し訳ないけど、

感謝の気持ちを忘れずに、思いっきり成長していきたい。

そしてPay it forward(恩送り)で社会に還元できたらいいな

 

 

おわり。

 

 

 

f:id:nonfalcon55:20181113192524j:plain

山に囲まれる生活だけど時々海も恋しくなる。今年もあと1ヶ月半!信じられない!